失業保険 上手く求職活動と認められる方法

上手く求職活動と認められるために

失業保険受給のための要件である「失業認定」は、原則としてハローワークに4週間に1回来所しなければなりません。

 

この失業認定は、ハローワークで求職活動の状況、就職、内職の状況などを正しく申告することによって失業の認定が行われます。

 

失業保険受給のための失業認定の際の求職活動については、次のようなものがあります。

 

求職への応募

 

ハローワークが行う就職相談・職業紹介などを受けたこと

 

各種講習・セミナーの受講

 

許可・届け出のある民間機関(民間職業紹介期間、労働者派遣期間)が行う職業相談・職業紹介などを受けたこと、求職活動方法等を指導するセミナー等の受講

 

公的機関等(雇用・能力開発機構、高年齢者雇用開発協会、地方自治体、求人情報提供会社、新聞社答)が実施する職業相談などを受けたこと、各所講習・セミナー、個別相談ができる企業説明会などの受講・参加など

 

・再就職に資する各種国家試験、検定などの資格試験の受験

 

以上のような求職活動を行うことが求められるわけです。

 

単なる新聞・インターネットでの求人情報の閲覧や、単なる知人への就職斡旋依頼だけでは失業認定の際の求職活動にはなりません。

 

失業保険は、本人も支払う社会保険でもあるのですが、公的な保険でもあるので失業保険金の受給には、明確な就職活動が必要になるのです。

失業保険・転職の総合情報

<スポンサードリンク>

失業保険 上手く求職活動と認められる方法関連ページ

給付期間中のアルバイト
失業保険の給付期間中にアルバイトできるって知ってましたか?
受給期間中の病気・怪我
もし受給期間中に病気や怪我があった場合、妊娠出産子育てなどにより30日以上働くことが出来なくなった場合は給付期間を延長することができます。
解雇はお得!?
転職・退職を考えたら、行動する前にまず 失業保険の正しい知識をつけましょう! 知らなかったが為に、本来受給できるはずのお金の半分も支給されない可能性があります。 正しい知識を持って、失業保険の申請を行い、きちんと満額受給しましょう!
「転勤」が理由の退職
「転勤」が理由の退職も会社都合になります!
退職理由を明確に書く
退職届に明確に理由を書くと会社都合退職と認定される場合があります。
退職後すぐに受給するために
退職後すぐに失業保険を受け取る裏技
特定受給資格者とは?
特定受給資格者に該当すれば受給額は2倍以上になります!
再就職手当て
給付期間中に就職すれば一時金がもらえますよ♪
給付期間が延長される場合
失業保険は病気などで退職した場合などの理由があり、きちんと申請をしておけば受給期間の延長ができます。
職業訓練校のメリット
職業訓練校に通うことで、かなり多くのメリットがあります。
扶養に入れてもらう
年収が1年間に130万円以下の場合、扶養される側になれる資格があります。
離職者支援資金貸付制度
失業保険給付期間中に何とか再就職が決まれば幸いですが、万が一給付期間が終わったのに就職できない場合。。。