失業保険 国民年金と国民健康保険

退職後の国民年金加入時の裏技

失業保険は、離職・退職をした場合に雇用されている場合に強制加入させられる雇用保険の別称ですが、雇用保険より失業保険の方が名称として通っており一般的になっています。

 

失業保険を受給しているということは、離職をしているということなので国民年金・厚生年金や健康保険の対応の検討も必要になってきます。

 

まずは、生活のためも含めて失業保険を如何に多く受給するかを検討することも必要ですが、失業保険以外の社会保険である健康保険と年金についても考えておく必要があるわけです。

 

まずは健康保険の対処ですが、国民健康保険の場合、前年度の年収を基礎として計算されますから、個人として国民健康保険に加入するとビックりする程の保険料を請求されるのです。

 

従って、健康保険については、親族や配偶者の扶養者として登録することが最も良い方法でしょう。

 

国民年金・厚生年金をどうするかを検討します。

 

配偶者が厚生年金加入者であれば扶養者として加入は不必要ですがそうでなければ国民年金に加入する必要があります。

 

失業保険を受給しているわけですから収入はありませんので、できるだけ安くと考えるのです。

 

従って国民年金に変更した上で、保険料ゼロの申請を行うことが良いでしょう。

 

この国民年金の保険料ゼロ加入ができない場合は、保険料免除を選択しましょう。

 

さらに免除が認められなければ、保険料猶予にトライをしていきましょう。

 

失業保険を受給することは、失業していることに他なりませんからその他の社会保険料も支払は厳しいでしょう。

 

いろいろと考えていきましょう。

失業保険・転職の総合情報

<スポンサードリンク>

失業保険 国民年金と国民健康保険関連ページ

所得税・住民税の控除
失業保険受給中は各種税金が控除されます。
確定申告は必要なし
失業保険は所得税法上、非課税扱いになっています。 従って、失業保険で受給したお金は収入にはなりませんので確定申告の必要はありません。