失業保険 確定申告は必要なし

給付金は非課税のため確定申告は必要ありません

失業保険は所得税法上、非課税扱いになっています。

 

従って、失業保険で受給したお金は収入にはなりませんので確定申告の必要はありません。

 

受給金額が多い場合、確定申告する必要があるかどうか迷いますが、扱いは非課税のため確定申告は必要ありません。

 

ただし、給付期間中にアルバイトをしたり、内職をして収入がある場合、年収が20万円を超えたら確定申告が必要になります。

 

意外と失業保険と確定申告については知らない人が多いと言われていますが、確定申告は必要がないとしおりにも書かれていますので必ずしおりは読みましょう。

 

なお、失業保険の受給する前まで自営業で収入があった場合、その分の収入に対しては税金がかかりますので、確定申告をする必要があります。

 

あとあと、脱税にならないために、不明点は税務署のホームページを調べたり、直接税務署に相談をしてみるといいと思います。

失業保険・転職の総合情報

<スポンサードリンク>

失業保険 給付金は非課税のため確定申告は必要ありません関連ページ

所得税・住民税の控除
失業保険受給中は各種税金が控除されます。
国民年金と国民健康保険
転職・退職を考えたら、行動する前にまず 失業保険の正しい知識をつけましょう! 知らなかったが為に、本来受給できるはずのお金の半分も支給されない可能性があります。 正しい知識を持って、失業保険の申請を行い、きちんと満額受給しましょう!