失業保険 所得税・住民税の控除

給付金は非課税のため所得税や住民税の対象となりません!

失業保険受給中は各種税金が控除されます。

 

失業保険というのはもともと自分たちが雇用保険料を支払っていたお金から支払われているので、失業保険には税金がかからないのです。

 

会社で働いている場合、毎月のお給料から所得税が差し引かれていたと思います。

 

しかし失業保険の給付金には所得税がかかりません。

 

当然収入がないので、この期間については住民税の対象ということにもなりません。

 

注意すべきは年末調整ですね。

 

年度末での退職の場合は自信での手続きは必要ありませんが、年度の途中で退職をしてしまった場合は自分で手続きをして、確定申告で給付や還付を受けなければいません。

 

退職自に会社から源泉徴収票を受け取り、それを持って確定申告の手続きをすることになります。

 

そして年内に再就職が決まった場合には、その源泉徴収票は新しい職場に出す必要があります。

 

確定申告の時に、自分の収入を低くして申告をすれば罰金の請求があります。

失業保険・転職の総合情報

<スポンサードリンク>

失業保険給付金は非課税のため所得税や住民税の対象となりません関連ページ

確定申告は必要なし
失業保険は所得税法上、非課税扱いになっています。 従って、失業保険で受給したお金は収入にはなりませんので確定申告の必要はありません。
国民年金と国民健康保険
転職・退職を考えたら、行動する前にまず 失業保険の正しい知識をつけましょう! 知らなかったが為に、本来受給できるはずのお金の半分も支給されない可能性があります。 正しい知識を持って、失業保険の申請を行い、きちんと満額受給しましょう!