失業保険 出産、育児後の退職はお得!

出産、育児が終わってから退職するとお得です

失業保険の給付の中には、育児休業の際に支給される「育児休業給付」というものがあります。

 

この失業保険の中の育児休業給付は、子供が1歳〜1歳6ヵ月になるまで育児のために休業すると休業前賃金の40%が「育児休業給付」として支給されます。

 

失業保険の育児休業給付は、労働者が育児休業を取得しやすくその後の職場復帰を援助・促進することにより、職業生活の
維持を支援するために設けられた制度です。

 

失業保険の育児休業給付は、育児休業中は休業前賃金の30%復帰後に10%の給付を受けることができる制度となっています。

 

「育児休業制度」は現在では、手当自身も法律で最低限が定められており、会社が断ることは法律上できません。

 

失業保険の育児休業給付の申請に付いても同様になっています。

 

これらの働く女性にかかわる制度は、「結婚したら仕事を辞める」「出産したら仕事を辞める」だとかの過去の慣例は今や昔になって
います。現在ある制度を旨く活用していきましょう。

失業保険・転職の総合情報

<スポンサードリンク>

失業保険 出産、育児後の退職はお得!関連ページ

定年退職後の給付
失業保険は雇用保険の被保険者だった人が会社を退職して、その後さらに働く意思があるのに再就職ができないときのサポートをするために支給されますから、定年退職後も再就職したいと思っている 場合ば、失業保険の給付を受けることが可能です。
出産による退職の特例
出産のために退職した場合でも、特例措置の手続きを行っておくと、出産後、子育てが一区切りついてから、失業保険の給付を受けながら、就職活動を行うことが可能になります。
介護休業給付
介護による休業でも給付を受けることができることは知っていますか?