失業保険 辞表は書かない!

辞表は書くと自己都合退職になる危険があります

失業保険の給付期間や給付金額などは退職の理由によって大きく変わります。

 

■会社都合による退職とは。。?

退職理由が会社の都合によるもの。自分から進んでの退職ではない場合はこれに当てはまります。

 

基本的には、経営状況の悪化によるリストラ、人員整理などがよく見受けられます。

 

 

会社都合による退職の場合、自分の都合で退職するわけではないので辞表は通常必要がありません。

 

ところが、良くあるトラブルとして、会社都合による退職にも関わらず、辞表書いてしまった、或いは会社から辞表を出すよう指示を受けたなどがあります。

 

辞表を書いてしまうと、通常会社都合による退職とはみなされませんので注意が必要です。

 

自己都合ではない場合、辞表を書くように指示を受けたら必ず「会社都合の退職になるのか?」確認するようにしましょう。

 

失業保険の給付を受けるにあたり、会社都合での退職の方が給付金額が多くなるので、会社都合の退職のほうがメリットは大きいです。

 

しかし会社側では、自己都合の退職が多い場合、会社側にとってのデメリットが多いため、自己都合退職にさせたい傾向にあるので注意しましょう。

失業保険・転職の総合情報

<スポンサードリンク>

失業保険 辞表は書くと自己都合退職になる危険があります関連ページ

退職理由は最重要!
失業保険の支給期間、総支給額は、自己都合による退職か、会社都合による退職なのかによって変わります。
自己都合退職のデメリット
離職する際の理由として、失業保険の支給条件では「自己都合」と「会社都合」という区分があります。 基本的に本人が納得していれば原則として問題はないのですが会社がハローワークに提出する離職票に書かれる退職理由が失業保険受給に大きく影響してくるのです。