失業保険申請 基本的な給付日数

給付日数は年齢や保険加入期間によって変わります

失業保険の給付日数は、基本手当が支給される日数のことを言います。

 

基本的には90日から360日が上限となります。

 

給付日数は失業保険を受ける人の年齢や雇用保険の被保険者期間退職した理由などによって変わってきます。

 

会社が倒産したり、リストラされた場合など、再就職を準備する時間が少なくて退職せざるを得ない状況になった人の場合には、特定受給資格者ということになり、一般的な離職者に比べると、給付日数が多めになる傾向にあります。

 

一般的な受給資格者で自己都合で退職をした人や定年退職した人の場合の給付期間は以下のとおりです。

 

被保険者期間 6か月以上10年未満  90日
          10年以上20年未満  120日
          20年以上        150日

 

 

前述した会社都合で退職をせざるを得ない状況になった人の場合は年齢によって細かく分けられています。

 

30歳以上35歳未満の人で見てみると。。
被保険者期間 6か月以上5年未満  90日
          5年以上10年未満 120日
         10年以上20年未満 210日

 

このように、失業保険の給付日数は、雇用保険の被保険者期間によっても違っていますし、それだけでなく、年齢や離職した理由によっても違っています。

 

自分の場合にはどれくらい給付日数があるのかどうか確認してみましょう。

 

ハローワークに最初に行ったときに給付日数は確定すると思います。
※初回認定日に確定する場合もあります。

失業保険・転職の総合情報

<スポンサードリンク>

失業保険申請 給付日数は年齢や保険加入期間によって変わります関連ページ

受給までの流れ
退職から失業保険の給付が始まるまでの流れを説明します。
失業保険受給資格
失業保険を受給するには「失業保険受給資格」といわれる資格が必要です。
退職理由について
ハローワークでは退職の理由を聞かれます。 退職の理由によっては受給資格がおりないことがあるため、十分注意が必要です。
失業認定日について
失業保険には失業状態を確認される日(認定日)があります。この認定日にハローワークに行かないと失業保険は受給できません。
基本手当日額の給付額上限
基本手当日額の給付額上限計算方法を説明します。
求職活動は必須!
失業保険は、求職する意思がない人には支給されません。
年金との重複給付は不可
当然と言えば当然なんですが、失業保険と年金は同時に受給することが出来ないんです!
派遣社員の失業保険給付
派遣社員でも失業保険は、きっちりもらうことが出来ます!だたし、派遣元会社で雇用保険に加入していることが条件となります。
アルバイト、パートの場合
パートやアルバイトでも一定の条件を満たせば失業保険受給の資格があります。
公務員は適用されません
公務員は雇用保険に入っていないため失業保険がもらえないのです。
事前のシュミレーション
失業保険を申請しようとしている方は、事前にシュミレーションすることをお勧めします。
職業訓練の活用
職業訓練を活用して資格や技能を手に入れましょう!