失業保険 失業認定日について

失業認定日にハローワークに行かないと給付されません!

失業保険には失業状態を確認される日(認定日)があります。

 

失業保険の認定日がある理由は、ハローワークが失業保険を受給する資格があるかどうか(失業状態にあるかどうか)を確認する
ための日です。

 

働きたいけど働くことができないというのが、失業状態にあるといえますので、その間アルバイト等で収入を得ていれば失業にはなりません。

 

そのため失業保険がもらえなくなります。

 

このような状態を確認するため、失業保険の認定日が設けられています。

 

失業保険の認定日は1週間に1回のペースで行われています。

 

ハローワークから指定された認定日に行かなければ失業保険を受給することが出来ません。

 

1週間に1回の日が休みの日にあたった場合には、次の週になりますから、最初の失業保険の認定日によってそれ以降のスケジュールは変わってきます。

 

失業認定日はその期間中に働いていないかどうかを確認されるというだけではなく、基本は就職をする意思がない人には給付金は支払わないと決められているので認定日は定められています。

 

失業保険の認定日までに、その間の4週間でどんな求職活動を行ったのかについても確認されます。

 

求職活動の実績がわかるようなものを持っていくと証明になります。

 

もし、失業保険の認定日に行くことができないという場合には変更届けを出せばいいので延長は可能です。

 

認定日の変更をしなければ市の日認定されるはずの分と28日後の分が受けられなくなるので注意しましょう。

失業保険・転職の総合情報

<スポンサードリンク>

失業保険 失業認定日にハローワークに行かないと給付されません関連ページ

受給までの流れ
退職から失業保険の給付が始まるまでの流れを説明します。
失業保険受給資格
失業保険を受給するには「失業保険受給資格」といわれる資格が必要です。
退職理由について
ハローワークでは退職の理由を聞かれます。 退職の理由によっては受給資格がおりないことがあるため、十分注意が必要です。
基本的な給付日数
給付日数は失業保険を受ける人の年齢や雇用保険の被保険者期間退職した理由などによって変わってきます。
基本手当日額の給付額上限
基本手当日額の給付額上限計算方法を説明します。
求職活動は必須!
失業保険は、求職する意思がない人には支給されません。
年金との重複給付は不可
当然と言えば当然なんですが、失業保険と年金は同時に受給することが出来ないんです!
派遣社員の失業保険給付
派遣社員でも失業保険は、きっちりもらうことが出来ます!だたし、派遣元会社で雇用保険に加入していることが条件となります。
アルバイト、パートの場合
パートやアルバイトでも一定の条件を満たせば失業保険受給の資格があります。
公務員は適用されません
公務員は雇用保険に入っていないため失業保険がもらえないのです。
事前のシュミレーション
失業保険を申請しようとしている方は、事前にシュミレーションすることをお勧めします。
職業訓練の活用
職業訓練を活用して資格や技能を手に入れましょう!