失業保険 職業訓練の活用

職業訓練を活用して資格や技能を手に入れましょう!

職業訓練制度には2種類存在しています。

 

1種類目は、教育訓練給付金制度と呼ばれる制度です。

 

教育訓練給付金制度は、職業訓練や自己啓発するために民間の講座を受けている人に対して、失業保険からその費用を援助するという制度です。

 

たとえば英会話学校の外国語講座だったり、通信教育の講座などが教育訓練給付の指定講座です。

 

教育訓練給付制度は失業保険の加期間が3年から5年の人は受講料の20%で最大で十万円費用が援助されます。

 

失業保険加入期間が5年以上の人の場合は受講料の40%で最大で二十万円援助されます。

 

そしてもう1種類は、公共職業訓練と呼ばれる制度です。

 

この制度は、失業保険を受給しながら、就職に有利な技術や知識を身につけることができるための制度です。

 

基本的には無料で、講座やスキルに役立つ資格取得を行うことができます。

 

公共職業訓練施設に通う場合の交通費も支給されますし、受講したことによる受講手当ももらえるので、再就職をしたくて新しい資格やスキルを身につけたいと思っている人にとってはとても便利で役に立つ制度となっていますからお勧めです。

失業保険・転職の総合情報

<スポンサードリンク>

失業保険 職業訓練を活用して資格や技能を手に入れましょう!関連ページ

受給までの流れ
退職から失業保険の給付が始まるまでの流れを説明します。
失業保険受給資格
失業保険を受給するには「失業保険受給資格」といわれる資格が必要です。
退職理由について
ハローワークでは退職の理由を聞かれます。 退職の理由によっては受給資格がおりないことがあるため、十分注意が必要です。
基本的な給付日数
給付日数は失業保険を受ける人の年齢や雇用保険の被保険者期間退職した理由などによって変わってきます。
失業認定日について
失業保険には失業状態を確認される日(認定日)があります。この認定日にハローワークに行かないと失業保険は受給できません。
基本手当日額の給付額上限
基本手当日額の給付額上限計算方法を説明します。
求職活動は必須!
失業保険は、求職する意思がない人には支給されません。
年金との重複給付は不可
当然と言えば当然なんですが、失業保険と年金は同時に受給することが出来ないんです!
派遣社員の失業保険給付
派遣社員でも失業保険は、きっちりもらうことが出来ます!だたし、派遣元会社で雇用保険に加入していることが条件となります。
アルバイト、パートの場合
パートやアルバイトでも一定の条件を満たせば失業保険受給の資格があります。
公務員は適用されません
公務員は雇用保険に入っていないため失業保険がもらえないのです。
事前のシュミレーション
失業保険を申請しようとしている方は、事前にシュミレーションすることをお勧めします。